THREE×SYANのフォトコン用撮影をする!

THREE×SYANのフォトコン用撮影をする!

北村です。

カメラ,キャンプ,diyが趣味です。

「すごい!」という写真より、「なんか良いね!」と思ってもらえる写真が好きだし撮りたいと日々思ってます!

 

カメラギア↑
撮影スケジュール↑
プライベートキャンプブログ↑

スタッフがTHREE×CYANのフォトエントリーに挑戦

スタッフのももちゃんが、

「写真の撮り方で質問があるんですが…」

と言ってきたのでいろいろ聞いてみると、

どうやらモデルさんをメイクして、THREE×CYANのフォトコンみたいなのにエントリーしたいらしい。

16人に選ばれれば、THREEのセミナーに参加できるそうです。

↓こんな感じ↓

 

View this post on Instagram

初のエントリー受付実施! 【CYAN×THREE メイクアップセミナー 2020 SPRING】  CYANがTHREEにフィーチャーし、シーズンごとに最新のメイクアップをレクチャーする大人気イベント。過去、完全招待制にてCYANのクリエイティヴ活動に携わるヘアスタイリスト、メイクアップアーティスト、モデルたちに向けてイベントを開催してきましたが、今回初めてオープンでのエントリーを受付いたします。 THREEグローバル メイクアップ アーティストの佐藤裕太によるデモンストレーションを交えながら、撮影にすぐ役立てられるメソッドをお届けする1日限りのスペシャルな機会、是非お見逃しなく!  【日時】 2020年1月28日(火) 13時30分〜 60分程度  【会場】 THREE AOYAMA 東京都港区北青山3-12-13  【応募資格】 1. 美容室に勤め、サロンワークだけでなく、シューティングやクリエイティヴ活動を積極的に行なっている方。 2. ヘアメイクアップアーティストとして活動し、ファッションorビューティー雑誌の仕事をされたことのある方 3. ご自身が被写体として雑誌やWEBメディアに出演されたことがあり、普段からメイクアップが好きな方 4.その他クリエイティヴ活動に従事され、THREEやCYANの世界観を支持いただけている方  ※1.2.3.4のいずれかに当てはまり、Instagramを公開設定でご利用されている方に限ります。  【参加費】  無料  【参加特典】 THREEがセレクトした最新コスメを参加者全員にプレゼント  【応募方法】 参加をご希望の方は、DMにて、ご自身がヘアメイクで撮影に参加された作品、もしくはご自身が被写体として撮影に参加された作品、従事されているクリエイティヴ活動における作品の中で、THREE、CYANと世界観が近しいと考えるお写真を1枚以上添付の上、参加ご希望の旨をお送りください。CYAN編集部による一定の審査の上、16名選抜させていただきます。  【締め切り、当選通知の日時】 12月20日(金) 17時までにエントリーをお願いします。当選、落選のご連絡は、12月25日(水) 20時までにDMにてお送りさせていただきます。  【ご質問】 DMではなくコメント蘭に記載をお願いします。  【注意事項】 少人数でのイベントとなりますので、キャンセルの無いようお願いいたします。 イベントの様子を動画やスチールで撮影させていただき、CYAN公式webやSNSから配信させていただく可能性がございます。予めご了承願います。 #THREE #threecosmetics #CYAN #cyanmagazine #イベント #ヘアメイク #メイクアップ #メイクアップアーティスト #makeup #hair #hairsalon #hairstyle #ヘアスタイル #ヘアサロン #hairstylist

A post shared by CYAN (@cyanmagazine) on

 

CYANは昔から見てるけどなんかオシャレなんですよね。

やり過ぎてないっていうか、大人なナチュラルで見てて自然です。

 

スタッフのももちゃんは、コスメはもちろん美容全般に興味があるので、今回挑戦したいそうです。

そういうやる気があることは素晴らしい。

 

どうせやるならクオリティ高く!!

「サロンにあるカメラで撮り方を教えて欲しい!」

と言ってきていろいろ説明しました。

でも、ヘアやってメイクしてフォトも一人でやるとなると、全部が中途半端になりクオリティが下がる。

※私の経験談だけどみんなそうなる。

 

「俺撮ってやるよ!」

と言ったら、申し訳無さそうなのと嬉しそうだった。

 

私自身もヘアメイク系の写真を撮って、ヘア中心の撮影から脱却するには練習になるし。

私が撮った方が、ももちゃんが撮るよりも少しはクオリティが上がるのと、

現像+レタッチ

がとても大切です。

撮って終わりもいいんですが、現像+レタッチをする事で、さらに一段クオリティを上げる事も出来ると思ってます。

デジタルな時代なので。

なので私がカメラやらせてもらう事になりました。

 

 

とりあえず、2作品撮りたいそうなので、CYAN+THREEの世界観を研究してライティングや空気感を考えようかと。

いつもとまた違ったジャンルなので楽しみですね。