ファッションっぽいオシャレな写真がそろそろ主流になる

ファッションっぽいオシャレな写真がそろそろ主流になる

北村です。

カメラ,キャンプ,diyが趣味です。

「すごい!」という写真より、「なんか良いね!」と思ってもらえる写真が好きだし撮りたいと日々思ってます!

 

カメラギア↑
撮影スケジュール↑
プライベートキャンプブログ↑

ファッションっぽい写真とは?

 

ヨーロッパっぽい写真

アメリカっぽい写真

の違いわかりますか?

 

この違いが分かるとリファレンス写真の収集にもまとまりができます。

今回はこの違いを省略しますが、そろそろ美容界のヴィジュアル表現もファッション写真のようなテイストにいきそうな予感。

※スクリーンショットは法律的にOKです

インスタストーリー見てると、ヘアメイクさんがアップする写真はすごくオシャレです。

「画」として作られてるのがよくわかります。

 

私がリファレンスで集めてる写真も、

 

 

とりあえず寄りの写真ですが、このテンションの写真はメチャクチャ好き!!写真集の中の1ページのようなのがカッコいい!

 

私はヨーロッパっぽい写真の方が好きなのでこういったのがストライク!

 

来年、あるサロンのヴィジュアルをディレクションしますが、とにかくカッコいい写真を撮ろうと思ってます。

ディレクションさせて頂けることはすごく幸せ。

カメラも任されてるので、「美容師が撮る写真」から脱却が大切。

 

そこはだいぶ出来てきてるような。

 

ヘアだけ見ないように!

 

ヘアだけ見てヴィジュアルを作りがちな私たち。

意外とお客様の方が、見てる部分が違うのでオシャレな写真を知ってることも。

いろんな作風に挑戦し、「誰に見てもらうか?」を明確にして取り組むことが大切。