写真にフィルターを!!

写真にフィルターを!!

北村です。

カメラ,キャンプ,diyが趣味です。

「すごい!」という写真より、「なんか良いね!」と思ってもらえる写真が好きだし撮りたいと日々思ってます!

 

カメラギア↑
撮影スケジュール↑
プライベートキャンプブログ↑

現像時にフィルターの検討も。

撮影してて、テザー撮影は当たり前だと思ってます。

Lightroomやキャプチャーワンなどがメジャーだと思います。

使いやすさではLightroomがわかりやすいかも。ネット上にたくさん使い方が載ってます。

 

現像ソフトには有料無料含め、フィルターがのプラグインがあります。これが結構使えるし助けられます笑

 

フィルターをかけることで、少しムードが出ることもしばしば。

 

↑レタッチ無し
フィルムパックで加工

 

若干ムードが出た気がします。

ノーマルな状態もいいんですが、少し「何か」欲しい時には軽めにフィルターかけると仕上がりが良くなることも。

 

フィルター+レタッチ

 

ノイジーなモノクロフィルターに、Photoshopでレタッチを。

このフィルターのおかげでレタッチが自然に感じます。

私が使ってるフィルターは、

DXOフィルムパック

Lightroom用の有料フィルター

 

この2つを。

キャプチャーワン用のフィルターは検討中ですね。

※まだ慣れてないもんで笑

 

 

テザーの必須

 

 

撮影ではテザー撮影が必須です。

※テザー撮影とは、パソコンとカメラを繋いで、撮った写真をモニターに写し出す事

モニター見ながらチェックした方が、ヘアはもちろん、色の出方やメイクの仕上がりもチェックできます。

その場でソフトを操作し、現像のイメージを掴むことで仕上がりの良し悪しが共有できます。

モニターに映るのが全てです。

なので、肉眼で見えてる部分よりモニターのチェックも大切です。

ここをケチらない事と、テザー撮影の技術は最低限持ってから撮影(カメラ)をやる事をおすすめします!

ではカメラワーク楽しみましょう!